長白仙参とアミノエールはここが違う!

 

再春館製薬所が発売している長白仙参と味の素が発売しているアミノエールは、ともに高齢者の筋肉づくりをサポートするための製品という共通点がありますが、まったく同じわけではなく相違点も多々存在しますから、個々の特徴を確認し合う方を選択するのがポイントとなります。
長白仙参の特徴は、長白参エキスを含んでいることです。

 

長白参エキスのメリット

長白参は漢方薬にも使われている有名な薬用人参の一種で、長白仙参のひげ根部分のみを使いエキスを抽出しています。

1本あたり長白参エキスを約250mg含み、必須アミノ酸とともに高齢者の筋肉の形成を強力にサポートします。

 

アミノエールは高齢者向け?

一方のアミノエールは、ロイシン40%配合必須アミノ酸を約3g含むことが大きな特徴です。ロイシン40%配合必須アミノ酸は、摂取することで筋肉形成に役立つことが報告されているため、高齢者の健康維持の助けとなります。
長白仙参とアミノエールはともに加工食品に分類されているため、他に薬を飲んでいたとしても安心して摂取できることがメリットです。

共に食品ですが形状は異なり、長白仙参はゼリー状でアミノエールは顆粒タイプです。ゼリー状の長白仙参は漢方薬らしい苦味はあるものの、パインアップル果汁やリンゴ果汁により苦味が軽減され、誰でも気軽に食べられるよう味付けされています。

パッケージのまま指で押し出すように口へ運べますから持ち運んでの摂取も可能で、家の中だけでなく出先でも食べられます。

 

アミノエールはオーソドックスな顆粒タイプで、慣れている人も多く安心感がありあす。

ビタミン類のサプリメントにありがちな固形タイプと違い顆粒ですから、水やぬるま湯等で簡単に飲むことができます。詳細な栄養成分も若干異なり、長白仙参の主な成分はたんぱく質0.74gに炭水化物2.3g、アミノ酸が1000mgとなっていますが、アミノエールはたんぱく質が3gと多めで、ビタミンDが20μg、必須アミノ酸は3000mgと豊富です。

 

また、長白仙参の口コミやその他情報は専門サイトで見たほうが効率よく探せるのでお勧め。

⇒長白仙参の口コミを詳しく見る