長白仙参とアミノエールはここが違う!

 

再春館製薬所が発売している長白仙参と味の素が発売しているアミノエールは、ともに高齢者の筋肉づくりをサポートするための製品という共通点がありますが、まったく同じわけではなく相違点も多々存在しますから、個々の特徴を確認し合う方を選択するのがポイントとなります。
長白仙参の特徴は、長白参エキスを含んでいることです。

 

長白参エキスのメリット

長白参は漢方薬にも使われている有名な薬用人参の一種で、長白仙参のひげ根部分のみを使いエキスを抽出しています。

1本あたり長白参エキスを約250mg含み、必須アミノ酸とともに高齢者の筋肉の形成を強力にサポートします。

 

アミノエールは高齢者向け?

一方のアミノエールは、ロイシン40%配合必須アミノ酸を約3g含むことが大きな特徴です。ロイシン40%配合必須アミノ酸は、摂取することで筋肉形成に役立つことが報告されているため、高齢者の健康維持の助けとなります。
長白仙参とアミノエールはともに加工食品に分類されているため、他に薬を飲んでいたとしても安心して摂取できることがメリットです。

共に食品ですが形状は異なり、長白仙参はゼリー状でアミノエールは顆粒タイプです。ゼリー状の長白仙参は漢方薬らしい苦味はあるものの、パインアップル果汁やリンゴ果汁により苦味が軽減され、誰でも気軽に食べられるよう味付けされています。

パッケージのまま指で押し出すように口へ運べますから持ち運んでの摂取も可能で、家の中だけでなく出先でも食べられます。

 

アミノエールはオーソドックスな顆粒タイプで、慣れている人も多く安心感がありあす。

ビタミン類のサプリメントにありがちな固形タイプと違い顆粒ですから、水やぬるま湯等で簡単に飲むことができます。詳細な栄養成分も若干異なり、長白仙参の主な成分はたんぱく質0.74gに炭水化物2.3g、アミノ酸が1000mgとなっていますが、アミノエールはたんぱく質が3gと多めで、ビタミンDが20μg、必須アミノ酸は3000mgと豊富です。

 

また、長白仙参の口コミやその他情報は専門サイトで見たほうが効率よく探せるのでお勧め。

⇒長白仙参の口コミを詳しく見る

 

いちずな酵素で下痢になることはあるのか

 

こんにゃくゼリーのように飲みやすく手軽に便器の解消やダイエットなどの効果が期待できるため、いちずな酵素は女性を中心に人気が高くなっている製品です。

酵素の働きは美容だけではなく、整腸作用なども期待することができます。

 

なんで酵素で腸が活性化?

手軽に飲むだけで腸の中の酵素が増えていくため、善玉菌の数を増やしてくれる働きをしてくれるのが大きな特徴です。

腸の中の酵素の量が減ってしまうと、悪玉菌の数が増加してしまいます。

 

いちずな酵素は、生きた形で酵素が届くのが魅力の製品です。

酵素を手軽に増やすことが可能になるため、便秘を解消したりダイエット効果などが期待できます。

 

便秘解消にも期待できる

いちずな酵素の魅力は、酵素を手軽に摂取できるだけではありません。

食物繊維も豊富に含まれているため、腸内にたまっている便や老廃物などを体外へと排出してくれる働きもメリットの一つです。

 

いちずな酵素は説明書などに記載されている飲み方などを守っていれば、下痢などのような症状を引き起こす心配はほとんどありません。

食物繊維を多く含んでいますが、適切な飲み方を守ることで下痢などの症状を心配することなく飲むことが可能です。

 

正しい飲み方を守っていても、下痢などの症状を発症する人が少なくありません。

このような症状の多くは、いちずな酵素を飲み続けていることで起こってくる好転反応です。

 

この商品に含まれている酵素や食物繊維を定期的に摂取していることで、腸内環境が整い働きが活発になってくるとあらわれてくるのが好転反応の特徴になります。

体の働きがよくなってきているためにあらわれる好転反応ですが。

 

とはいえ体調を考えての摂取を

下痢などの症状がひどい場合には注意をすることが必要です。

下痢などがひどく続いてしまうような場合には、いちずな酵素を摂取する量を加減していくことも大切なことになります。

 

いちずな酵素を摂取している時にあらわれる下痢などの症状はほとんどが好転反応になりますが、体の具合が悪い場合や水分の取り過ぎなども原因の一つです。

 

いちずな酵素を使うとどういう変化が起こるのか、ということは実際に使った人のレビューを見るといいでしょう。

いちずな酵素の口コミやレビューを見る

通販サイトの口コミでもいいですがより詳しく知りたいなら個人ページがおすすめです。